« 青江三奈 | Main | ビートガールズ2(その2) »

ビートガールズ2(その1)

youuyakenoaitu
taiyougakowaino
janejane
ビートガールズ1の続編です。レイアウトが非常に見づらかったので、ちょっと工夫してみました。(爆)更にマニアックになっていく・・・(写真は左から泉アキ・響かおる・小畑ミキ!です。)

1 渚のうわさ 弘田三枝子 (橋本淳/筒美京平)
流麗なハープの響きが波の音を見事に表現した、華麗なミディアム・バラード。ミコちゃんのコロムビアでの初期の代表作で、筒美京平の才能を遺憾なく発揮した楽曲でもあります。
2 夕焼けのあいつ 泉アキ (平井一郎/高瀬タカシ)
疾走感溢れるサウンドに乗って飛ばしまくる軽快なナンバー。絶叫もポイント高し。「返してぇー」(笑)
3 ジェーンジェーン 小畑ミキ (小畑ミキ/中村泰士/原田良一)
彼女の作品では最も有名で、からっと明るいナンバー。今回は単独で作詞してます。(笑)こんな美人に「あいしてるぅー」なんて言われたら、もうメロメロ(←バカ)
4 愛するひとに ジュディ・オング (白鳥朝詠/市川昭介)
邦楽度高い市川先生の意外な?ノリのいいナンバー。ジュディ・オングの切れっぷり?も見所。(笑)
5 涙の中を歩いてる いしだあゆみ (橋本淳/筒美京平)
イントロからオシャレ度満点!の京平ワールド全開のお洒落なナンバー。彼女には、こういった作品こそ、本領を発揮できるのかも。
6 砂の十字架 中村晃子 (横井弘/小川寛興/森岡賢一郎)
「虹色の湖」に続くビートナンバー第2弾。シンプルでメリハリのあるアレンジこそ、森岡賢一郎の本領でしょう。「見えない船」という歌詞はお見事!思わず自分のオリジナルで真似してしまいました。(笑)
7 七色のしあわせ ピンキーとキラーズ (岩谷時子/いずみたく)
ピンキーのヴォーカルとキラーズのコーラスの掛け合いが絶妙な、お洒落なビートナンバー。歌詞・アレンジとも、岩谷ーいずみコンビの本領を発揮しています。ただ、曲が長いのがいずみたく先生の難点・・(笑)
8 急げ風のように 平田隆夫とセルスターズ
            (中村しのぶ/橋場清/葵まさひこ)
TV番組の主題歌に使われたドラマティックなナンバー。以前のナンバーに比べてしっとりとした味わいですが、疾走感は失われていません。「ドラマティック」こそ、彼らの最大の持ち味。
9 新宿マドモアゼル チコとビーグルス (橋本淳/筒美京平)
たたみかけるようなイントロからビート感全開のカッコイイナンバー。「夕陽のようなカクテル飲んで」という、リスナーに情景を提起する歌詞は、作詞家・橋本淳の面目躍如!
10 太陽がこわいの 響かおる (万里村ゆき子/叶玄大)
特徴あるイントロから見事に展開されるビートサウンドが印象的なナンバー。彼女の骨太なヴォーカルがサウンド全体を上手く引っ張っています。
11 不思議な太陽 黛ジュン (なかにし礼/三木たかし)
「真赤な太陽」のリベンジに三木・黛の兄妹チームが挑んだナンバー。抑え目のR&Bサウンドが楽曲全体を上手く引き締めています。
12 恋のバイカル 梢ミワ (丹古晴巳/山田隼人/小野崎孝輔)
ロシアを舞台に展開する佳作。ドラムとベースの使い方がビートナンバーの典型と言えるでしょう。
13 天使のいたずら エミー・ジャクソン (橋本淳/すぎやまこういち)
「涙の太陽」でブレイクした日英ハーフのエミー・ジャクソンの珍しい日本語詩のナンバー。バックはブルーコメッツが担当しています。「スポーツカー」が彼女のキーワード。

|

« 青江三奈 | Main | ビートガールズ2(その2) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74970/4683548

Listed below are links to weblogs that reference ビートガールズ2(その1):

« 青江三奈 | Main | ビートガールズ2(その2) »