« New Orleans(その3) | Main | 得点圏打率の謎 »

筒美京平Favorites1(その1)

nagisanouwasa
asobitukaretakaerimiti
ちょっと更新が滞ってしまいました。マリーンズもこのままズルズル行きそうなところをなんとか踏みとどまっていますので、私もそれにならって(笑)更新したいと思います。
「歌謡ポップス」を意識して聴いていると否が応でも(笑)「筒美京平」の名前が目に留まります。タイミング良く’97年に作曲活動30周年として、「HISTORY」「ウルトラ・ベスト・トラックス」といった京平さんの作品を特集したCDが発売され、ヤスシの中では「歌謡ポップス」のライターの中心的存在として位置づけられました。そうした音源の中からヤスシがセレクトしたMDのレビューです。(写真は左から弘田三枝子、チコとビーグルスです。例によって楽曲が一致しない部分はご容赦を・・)

筒美京平Favorites Vol.1 (カッコ内は作詞者です。)

1 思い出の指輪 ヴィレッジシンガース (橋本淳)
丁度このMDを収録する時に同名映画のソフトを購入したので、トップを飾る事になりました。京平さんらしい流麗なストリングスはヴィレッジのパブリック・イメージを創り上げるうえで大きく貢献していたと思います。

2 渚のうわさ 弘田三枝子 (橋本淳)
「人形の家」以前のミコちゃんのコロムビア時代の代表曲です。流麗でソフトなイメージのサウンドですが、サビで最高潮に達するアレンジは隙がありません。サビでの力強いヴォーカルはトップクラスの歌唱力を誇るミコちゃんならでは。

3 太陽は泣いている いしだあゆみ (橋本淳)
イントロのチェンバロから一度聴いたら忘れられないビートナンバーの名作です。切ないメロディ、実にノリの良いビートサウンド、良く弾むヴォーカルと非の打ち所がありません。何度聴いても新鮮なヤスシの大好きなナンバーです。

4 夜汽車 欧陽菲菲 (橋本淳)
イントロの疾走感溢れるワウ・ギターがシビれます。歌謡曲とR&Bの見事な融合はまさに京平さんの実力!

5 涙は春に 鍵山珠理 (橋本淳)
軽快なビートサウンドにフィットするストリングス、バックでしっかりとサポートするベースとドラム、サビでのホーンセクションの味付けなど、これぞビートサウンドのプロトタイプ。

6 美しきチャレンジャー 富田智子 (岩谷時子)
ボーリングブームに乗って大ヒットした同名TVドラマの主題歌。番組の中では主演の新藤恵美が歌っていますが、歌唱力を買ってこちらのヴァージョンを収録。イントロで炸裂するトランペットが勇壮なイメージをアピール。大変テンポの良いアレンジと共にボーリングに青春を賭ける乙女の心情を託した歌詞にも注目!

7 わすれな草をこの胸に 渚ゆう子 (橋本淳)
こちらも一度聴いたら忘れられないイントロが実に印象的なナンバー。艶のある良く伸びるヴォーカルにフィットしたコーラス、歯切れのいいギターと、テンポの良いサウンドを巧みにサポートする渚ゆう子の隠れた傑作。

8 悲しい夢 西田佐知子 (橋本淳)
抑え目なビートをノンビブラートでたんたんと歌い上げる西田佐知子の佳曲。サビの終わりのストリングスが京平さんらしい味付け。

9 雨の青山通り 林美枝子 (林春生)
「濡れた声」が実に印象的な林美枝子のお洒落なナンバー。サウンドも歌詞も大人っぽくて都会的。ヤスシ命名の「筒美京平東京3部作」の名に恥じないと思いますが(笑)いかがでしょう?

10 ミッドナイト東京 川辺妙子 (大日方俊子)
「東京3部作」の2作目は思い切り歌謡曲してます。でも、「演歌」のノリじゃありません。実に良く創り込まれたサウンドは京平さんならでは。「歌謡ポップス」の「踏み絵」かも。(笑)

11 新宿マドモアゼル チコとビーグルス (橋本淳)
「東京3部作」のシメはテンポのいいビートナンバーで。R&Bサウンドに鼻にかかるヴォーカルが不思議とフィット。ヒット曲の「帰り道は遠かった」を凌ぐほどの隠れた傑作!

12 フランス人のように 佐川満男 (橋本淳)
がらりと変わってこちらは思い切りソフトなミディアム・バラード。キザとも思えるヴォーカルが聴き込むほどに耳に馴染んできます。お洒落な女性コーラスとチェンバロの使いどころが京平さんの必殺技!


|

« New Orleans(その3) | Main | 得点圏打率の謎 »

Comments

筒美京平!思わず懐かしい名前と思いました!ボクが小学生くらいの歌謡曲全盛時代!まさにレコ大取るのが歌手の夢だった頃のビックネームですよね!
でも改めてネットでみましたらGSへの提供も多いんですね!ビックリ!

Posted by: まっちゃん | July 21, 2005 at 03:55 PM

まっちゃんさん、コメントありがとうございます。

京平さんの初ヒットは’67年の「バラ色の雲」らしいので、GSをはじめ、昭和40年代の歌謡ポップス黄金時代からかなりの楽曲を提供しています。

詳しいサイトがあるので、ご覧になってみては・・
「たつぼーの演奏会」
http://homepage1.nifty.com/tatsubo/kyohei.htm

Posted by: ヤスシ | July 21, 2005 at 08:39 PM

ども!ご無沙汰です!!
筒美京平デスか・・オイラはサザエさんの曲しか・・・
でもおそらくいっぱい耳にしてるはずですね・・

Posted by: あんだーへっど | July 21, 2005 at 10:00 PM

京平さんってビートルズと一緒でみんなの普段の生活に溶け込んでいるところがいいかな、なんて思います。
難しく考えず、みんなが楽しめればなによりかな。

Posted by: ヤスシ | July 22, 2005 at 04:09 AM

筒美さんって「マッチ」の歌もたくさん作曲しているんですよね。

「渚のうわさ」・・大好きです。「♪わっすれない すってきな恋」とも独特のミコちゃんの歌い方もさることながら メロディが本当に素敵です。

美樹克彦さんの「貴女が選んだ僕だから」「女が男を棄てる時」も名曲だと この頃さらに思います。

Posted by: よっちゃん | July 22, 2005 at 10:58 PM

私は基本的に昭和40年代の京平作品を聴いているのですが、それ以降も信じられないほどのナンバーを書いていますよね。

「渚のうわさ」は普遍的な美しさを持つ素晴しいメロディですね。ミコちゃんのオリジナルでは一番好きかも知れません。

美樹克彦さんの2曲、気になりますねぇ。同様に普段コンビを組まない歌手へ提供した作品にも好きなものがけっこうあります。
黛ジュンさんの「途はひとつ」、クールファイブの「さよならの彼方に」なんか、すごく好きです。

京平さんの話題、止まりそうにありません。(笑)またコメントして下さいね。

Posted by: ヤスシ | July 23, 2005 at 03:47 AM

What's Happening i am new to this, I stumbled upon this I have discovered It absolutely useful and it has aided me out loads. I am hoping to give a contribution & aid other customers like its helped me. Good job.

Posted by: Alonzo Powell | October 05, 2015 at 07:55 AM

Hi thеre! I know this iis kinda off toƿіc Ьut I was wondering iif you knew where I coulɗ locate a captcha plugin for my comment form? I'm using the same blog ƿlatform as yours and I'm haѵing troublе finnding one? Thɑqnks a lot!

Posted by: Scot | October 19, 2015 at 03:28 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74970/5060839

Listed below are links to weblogs that reference 筒美京平Favorites1(その1):

« New Orleans(その3) | Main | 得点圏打率の謎 »