« 15球団から勝利した投手 | Main | Las Vegas&Reno »

Recommend of GS1 (その1)

aisuruanita
kazeganaiteiru
tunneltengoku1
GSのそれぞれのプロフィールなどは詳しい方にお任せするとして、(笑)ビート・ガールズ同様、自分用のコンピを作りましたので、ちょっとご紹介しようかなと思います。収録の傾向としては、王道系歌謡ポップスと、タイトなビート・サウンドが多いです。演奏は良いのだけど、歌はちょっと・・というものは大抵外してあります。なお、「Recommend」とは、「オススメ」の事です。(写真は左から、ワイルドワンズ・スパイダース・ダイナマイツです。)

1 太陽の翼 スパイダース (利根常昭)
GSの王道、スパイダース、哀愁系の王道、利根常昭ということで1発目はこの曲から。当時から変ることなく、ずっと好きです。オルガンのフレーズがGood!

2 マリアの泉 ブルーコメッツ (万里村ゆき子/井上忠夫)
これも私の永遠の名曲。「ブルーシャトウ」だけがブルコメじゃありません。サビのアクション、小学生当時良くやったのですが、誰も褒めてくれませんでした。(泣)

3 恋をしようよジェニー (万里村ゆき子/藤まさはる)
「好きさ好きさ好きさ」だけがカーナビーツではありません。(また始まった)ガレージじゃないけど、胡散臭さが好き。ちなみに、ヴォーカルのアイ高野さんとちょっとだけお知り合いでした。

4 恋はもうたくさん ダイナマイツ (橋本淳/鈴木邦彦)
「トンネル天国」のB面なんですが、ビート全開!のハードなナンバー。間奏のギターは「銀色のグラス」(ゴールデン・カップス)に匹敵するガレージ・チューン。とにかくカッコイイんだから。

5 秘密の合言葉 テンプターズ (松崎由冶)
テンプターズの出演映画「涙のあとに微笑みを」の中で最もカッコイイ演奏が楽しめるナンバー。イントロのブレイクの後のベースがイカしています。それにしても「3・2・1」のカウントのショーケンの思いっきり日本語なところ・・(略)

6 ダンシングロンリーナイト ジャガーズ (漣健児/鈴木邦彦)
ジャガーズは胡散臭い魅力がある。特にこの曲はそうだ。今風に言うと「ダサカッコイイ」とでも言うのだろうか。ロック的では無いのですが、歌謡ポップスとしては出来のいいナンバー。

7 好きだから ヴィレッジシンガース (橋本淳/筒美京平)
イントロのチェンバロからすでに京平サウンド。カレッジ・フォークみたいに言われていますが、ヤスシ的にはそれは誤りです。適度なビートと抜群のコーラス・ワーク。正に歌謡ポップスの王道です。間奏の終わりで転調するところがイカしてます。

8 幸せの道 ワイルドワンズ (なかにし礼/加瀬邦彦)
「想い出の渚」しか知らないそこのあなた、今すぐワイルドワンズのベストを聴きなさい。って何熱くなってんだろう。(笑)とにかく加瀬邦彦の哀愁サウンドは素晴しい。洋楽と日本的な哀愁が見事にマッチしています。薄めのファズ・トーンと控えめなキーボードもGood!

9 ワールドボーイ バニーズ (岩谷時子/いずみたく)
世間では寺内タケシと言えばブルージーンズなんでしょうが、ヤスシ的には断然バニーズです。この曲は当時のナショナルのラジオのCMソングで、当時小学生だったヤスシはそりゃあ、憧れたもんです。

10 銀色のグラス ゴールデンカップス (橋本淳/鈴木邦彦)
すでに伝説的と言える間奏のベースとギターのバトルを聴くだけでも、充分おつりがきます。ヴォーカルのデイブ平尾さんはカバーの方が好きだそうですが、この曲は洋楽の香りが充満しています。

11 ガールフレンド オックス  (橋本淳/筒美京平)
歌謡曲です。でもバカにしちゃいけません。サビのベースなんか充分ビートを感じます。やっぱり京平さんの貢献度は計り知れません。映画「落葉とくちづけ」の演奏シーンは秀逸!

12 シーシーシー タイガース (安井かずみ/加瀬邦彦)
正直タイガースは好きではありませんでした。この曲をCDで聴くまでは・・目から鱗っていうんですかね。実にノリのいいR&Rチューンに仕上がっています。

13 アフロデティ クーガース (春名美幸/原田良一)
「スカートをはいたGS」って知ってる?クーガースがこんなにカッコイイなんて、夢にも思いませんでした。だって、キュロットなんだもん。(笑)ビートもタイトだし、ギターもいい感じに歪んでるし、ドラムのロールだってウチのドラムに見習ってほしいし・・(笑)これだから、侮れません。B級は。

14 風が泣いている スパイダース (浜口庫之助)
はい、こちらは正統派です。(笑)スパイダースは上手いけど胡散臭いのが魅力です。(笑)浜口庫之助先生は天才です。他の作曲家とどこか違います。とにかく、スパイダースの手に掛かれば、きっちりとまとめてくれます。そんなわけで、スパイダースに駄曲無し、という事で。


 

|

« 15球団から勝利した投手 | Main | Las Vegas&Reno »

Comments

ヤスシさん こんにちは。「バニーズ」の「太陽野郎・ワールド・ボーイ」のシングルを中古屋で買いました。

「ワールド・ボーイ」って「テレコ」(死語・・?)か、何かのCMにも使われていましたね。「土曜日の午後」と言う歌もリリースしていたと思うのですが・・勘違いかな・・?

Posted by: よっちゃん | July 01, 2005 at 12:31 PM

失礼いたしました。CMの件は 先出でしたね。すいませんでした。

Posted by: よっちゃん | July 01, 2005 at 12:34 PM

よっちゃんさん、バニーズはCDの空白期間が長かったので、私もシングル盤を買いました。
A面が「太陽野郎」で曲調が似通っているせいか、混乱する人が多いみたいです。(笑)

この曲も家で一人でギターを弾きながら歌っています。なかなか男らしい歌詞でいいですよね。
CMなんですが、当時カセットの存在も知らなくて、「ワールドボーイ」というラジオがとても眩しく思えたものです。

Posted by: ヤスシ | July 01, 2005 at 01:59 PM

ゴールデン・カップスの、特にルイズルイス加部のベースは凄かったですね。あれを単にベースと言ってはいけません。あれは「リード・ベース」ですよ。
当時、よくテレビに出ていて、その中では明らかに嫌々弾いているのですが、それにしてはベースがブンブンと唸っていました。もう唖然とするしかなかったですね。
その後、突然エディ藩が脱退した時、ルイズルイスが代わりにリード・ギターを弾くことになったのですが、いとも簡単にやってのけていました。その時は、「さすが!」と納得しましたね。彼こそGS界広しといえどもNO.1のベーシストだったでしょう。

Posted by: Dr.SCOOP | July 04, 2005 at 11:06 PM

Dr.SCOOPさん、コメントありがとうございます。当時はまだ小学生でしたので、歌を覚えるのがやっとで、演奏の凄さに気がつくのはずっと後になってからでした。

Posted by: ヤスシ | July 05, 2005 at 01:38 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74970/4779369

Listed below are links to weblogs that reference Recommend of GS1 (その1):

« 15球団から勝利した投手 | Main | Las Vegas&Reno »