« ライブレポート 2006 APR | Main | 替え歌その2 »

替え歌もまた楽し

ヤスシは小学校の頃から替え歌が好きでした。いつだったか、先生の「エンマ帳」に「替え歌ばっかり作ってないで、少しは勉強しろ!」みたいな事が書いてあったのを覗き見した事があります。(苦笑)
1年ほど前、とある映画サイトでしきりに替え歌を作るように言われて、「替え歌熱」が再発してしまいましたぁ。(笑)
ヤスシが替え歌を作る際のポイントは「元歌の歌詞を活かす」ですかね。例えばこんな感じ・・
「恋の町札幌」
♪時計台の下で逢って 私の恋は 始まりました 
 だまってあなたに ついてくだけで 私はとても幸せだった ♪
ヤスシにかかると、マージャンの歌に変身してしまいます。(笑)
「今日の待ちイッスーソー」
♪雑居ビルの下で会って 私のツモは 始まりました
 だまってあなたに ついてくだけじゃ 私はいつもマイナスだった ♪
バカですねぇ、我ながら・・(苦笑)

パロディにいつまで講釈をしていても無粋ですので、実際に歌った方が早いですね。(笑)
とりあえず「食べる」テーマの歌をいくつか・・

「タベルナ」(恋のハレルヤ)

♪ タベルナ 腹がへっても
  タベルナ 君のせいじゃない
  タベルナ 沈むカラダは
  タベルナ 止められない

  愛されたくて 食べないんじゃない
  燃える食欲  あなたに止められた
  だけなの

  還らぬ  昔のカラダ
  今夜も  私を泣かす
「アンコ玉エレジー」(アンコ椿は恋の花)

♪ 何かおくれの 頼りない声
  おいらー 見る見る 痩せてゆく

  イクラ好きでも サイフは寒い
  並の寿司でも 高望み

  アンコ玉でも アンコ玉でも
  アア・・・  頬張ろう~

「包み込む瞬間(とき)」(アカシアの雨がやむとき)

♪ 尾頭の鯛に惹かれて このまま持って帰りたい
  箸つけず 皆残す
  ひとの分まで 風呂敷に
  包み込んだ 私を見つけて
  あの人は
  あきれて 離れて 行くのでしょうか

「やせがまんのひと」(薩摩の女)

♪ 義理あるメシに背を向けて
  食べずに来たと俺は泣く

  飴をしゃぶって 一食浮かし
  明日はたらふく 食べるぞと
  ああー 未練のディナー 腹が鳴る


最近、とんかつや天ぷらなどの「揚げ物」が作れるようになりました。今日は何をつくろうかな・・

|

« ライブレポート 2006 APR | Main | 替え歌その2 »

Comments

やすしさん、ごぶさたしてます。
無理を承知でアナウンスさせていただきますと、明日(4/22)は五反田のソウルサミットカフェアールというライブハウスで、ジャカランダの結成10周年記念ライブがございます。
来られなくとも横浜方面から応援の波動送ってくださいね(笑)。

Posted by: James | April 21, 2006 at 09:42 PM

お久しぶりです。15日のライブ、盛況裡に進んだようで何よりです。ところで、ヤスシさんも替え歌がお好きだったんですね。私も好きで、太田裕美の今は無き以前の掲示板では、投稿の3回に1回くらいは、裕美さんの曲の替え歌入りでした。書き込みしている間に、裕美さんの数ある曲のうちの一節がパッと浮かんでしまい、そこで少し考えながら、ヤスシサンがおっしゃるように元歌の歌詞を大切にしながら、会話に合った替え歌を作るというのが常でした。その性癖は、かつてラスベガス大全フォーラムにおいても、しばしば現象し、一度著作権云々の話に巻き込まれてしまい、冷や汗をかいたこともありました。替え歌は、そもそもオヤジギャグ感覚なので顰蹙ものではあるのですが、この性癖は治りそうもありません。

Posted by: frugal gambler | April 23, 2006 at 07:57 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74970/9694614

Listed below are links to weblogs that reference 替え歌もまた楽し:

« ライブレポート 2006 APR | Main | 替え歌その2 »